TOP > 和田勉強法とは?

  • TOP
  • 和田式勉強法①
  • 和田式勉強法②
  • 和田式勉強法③
  • 和田秀樹の書籍
  • 『受験の神様』以外の顔
トライ式医学部合格

和田式受験勉強法② 『勉強時間よりも密度が大事』

和田式勉強法(和田メソッド)とは、和田秀樹が自身の受験時代に独自で編み出した勉強法に、専門領域でもある認知心理学を取り入れたもので、理論と経験に裏打ちされているため、非常に実戦的かつ効率的な勉強法です。

 

和田式受験勉強法② 『勉強時間よりも密度が大事』

 

 医学部受験というハイレベルの戦いを強いられる受験生がやらなければならない課題は、膨大な量があります。もちろんだからこそ早め早めに着手することが大事ではありますが、とは言え時間は限られています。

 限られた時間の中で数多くの課題をこなすためには、単位時間当たりの勉強量を以下に増やすか、という点を常に意識するべきです。

 長時間勉強したという事実に満足してしまう受験生も多いのですが、例えば50ページを100時間かけて勉強する人と、100ページを5時間でこなせる人、どちらが合格するか?と問われれば、明らかに後者ですよね。 


 時間の使い方が下手な人は、分からない問題に対して何時間も悩むということが良くあると思いますが、ある程度考えてもわからなかったら、解答を見てその解法を暗記した方が効率的である、と和田秀樹は主張しています。


 確かに、勉強時間よりも密度が大事なのは納得いきますよね。 とは言え、実際に自分で実践してみようと思っても、いきなり効率の良い勉強法に切り替えるなどということはなかなかできないかと思います。

そこで、この和田メソッドを身につけられるところを紹介します。

トライ式医学部合格

あの有名な家庭教師のトライによるトライ式と、和田メソッドを組み合わせた独自の指導法で、マンツーマンの指導を行っています。 和田秀樹監修の計画表により受験戦略を立案し、毎月のテストで学習到達度を診断し課題を抽出するため、和田メソッドにより最短距離で医学部に合格することができます。

緑鐡受験指導ゼミナール

和田秀樹が代表を務める通信教育・集団指導塾です。和田メソッドを元にしたカリキュラムで、全員東大生講師による指導を行っています。